Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- @日産スタジアム(9/3)

少し前の話になりますが、9月上旬にミスチルのスタジアムツアーに行ってきたので、
簡単にレポートをしておきます。

当初は、台風12号の影響で、ライブの中止か、ライブ中の雨を恐れていたのですが、無事開催されました。
ライブ中も雨に濡れることがなく、野外ライブを楽しめました。
有難いことです。

2011-08-27 14.12.01MASK.jpg

それでは、まずはセットリストです。
本日(9/25)で、今回のスタジアムツアーの全ての講演が終わりましたので、
思う存分ネタバレします。
------------------------------------------------------------
1.かぞえうた(※ワンコーラスのみ) ー Prelude
2.HOWL
3.未来
4.I'm talking about lovin'
5.innocent world

 MC
6.Replay
7.君が好き

 MC
8.Mirror
9.蒼
10.I
11.CENTER OF UNIVERSE
12.365日
13.ハル
14.ロックンロールは生きている
15.ニシエヒガシエ
16.Everything is made from a dream
17.風と星とメビウスの輪
18.HERO
19.擬態
20.エソラ

EN1.fanfare
EN2.星になれたら
EN3.Tomorrow never knows
EN4.かぞえうた
EN5.終わりなき旅
------------------------------------------------------------

18曲目HEROのしっとりした雰囲気から、擬態、エソラと、
徐々に会場のテンションをあげていき、
最後のアンコール5曲でしめるという流れが完璧で、最高に楽しかったです。
簡単に何曲が抜粋して感想を。

4.I'm talking about lovin'
5.innocent world

会場皆で、oh、oh、oh。
I'm talking about lovin'の終わりの伴奏で、innocent worldのサビをゆっくり歌い、
innocent worldのイントロという流れが、良かったです。
ライブならではですね。
サビのパートになると、桜井さんが会場にマイクを向け、皆でサビを歌うのも定番です。野外ライブの雰囲気が出てきて、会場はヒートアップ。

6.Replay
この曲の直前のMCで、桜井さんが「次は懐かしい曲です」と宣言したので、期待がヒートアップ。
イントロを聞いた瞬間、懐かし過ぎてびっくりしたと共に、嬉しかったです。

「夜は君を 不思議なほど 綺麗に写すよ」
「3年目のジンクスなど怖くはないけど」
好きな歌詞です。

途中、バラードで小休止(笑)。

15.ニシエヒガシエ
こちらも懐かしいです。
ミスチルのデジタルロック調の代表曲ですね。
ライブでは、こういう曲調も、かなり盛り上がります。

16.Everything is made from a dream
アルバム「Q」に含まれている曲ですね。
あまり知られていない?気がしますが、結構、良い曲です。

「手塚マンガの未来都市の実写版みたいな街だ、
 ハイスピードで近代化は進む」
サビでもないここの歌詞が、何故か記憶に残っています。

18.HERO
ライブで定番化してきた曲です。
いつもと同じ感じで歌っていたと思いますが、
今回は特に野外ライブの雰囲気に合っていて、好印象でした。

19.擬態
アルバム「SENSE」の代表曲。
以前も記載した気がしますが、SENSEで一番好きな曲です。
ここから、また会場があたたまり始めました。

20.エソラ
完全にライブの定番曲となりました。
ハイになり過ぎて、ジャンプをし始める観客もいる状態(笑)。
自分の中では、シングル以外のミスチルの曲では、BEST3に入ります。

「でも雨に濡れぬ場所を探すより 星空を信じ出かけよう」
という歌詞が、ライブ始まる前の自分の心境と合っていました。

EN1.fanfare
半音下がってましたが、それでもやはりライブでは大変盛り上がります。
自分の中では相変わらず、ミスチルより「ONE PIECE」のイメージが先に出てきますが(笑)。

EN2.星になれたら
高校時代よくカラオケで歌っていた、好きな曲。
自分の中では、シングル以外のミスチルの曲では、BEST3に入る曲です(2回目)。

EN3.Tomorrow never knows
ミスチル代表曲の1つ。
まさかの原曲でのライブで、感動しました。
改めて、名曲だと感じました。

EN4.かぞえうた
震災復興ソング。
悲しみの数でなく、喜びや楽しみの数を数えようというコンセプトに共感です。
人の短所でなく、長所を見ようという、自分の考えとも似ています。

EN5.終わりなき旅
Tomorrow never knows同様にミスチル代表曲の1つ。
こちらもまさかの原曲。
イントロのかっこいいギターをライブで聞けました。
さすがに原曲はキーが高いので、最後の方は桜井さんが辛そうでした(笑)。

曲の直前に、桜井さんが
「最後の最後に、消えない希望と、終わらない夢を、この曲に乗せてお届けします。」
と言っていました。
その言葉の通り、人生、苦楽色々あるけれど、前向いて、日々成長してという
自分を改めて誓いました。
素晴らしいライブをありがとう。

というわけで、今年のミスチルライブは終了。
来年はミスチル結成20周年なので、ライブがあればチケット当てて是非とも行くぞ。

このブログ記事について

このページは、miyasuが2011年9月25日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初小川@浅草」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.03